≫ EDIT

チュー太郎よ、永遠に・・・

※ 今日のブログ、思いのほか長くなってしまいました汗
お時間の許す方、暇な方だけどうぞご覧下さい。


あれから一年。。。
早くもあり、とても長くも感じた一年だった。

去年の今日、午前5時35頃チュー太郎は突然この世を去った。
呆気ない最後だった。


チュー太郎はにゃろめが初めて飼った猫。
1995年10月22日、彼はゴミ収集置き場のゴミ籠の中で眠っていた。
当時のにゃろめは全くの犬派。
猫を飼うという頭はなかった。

ただ野良猫や捨て犬を見ると見て見ぬ振りが出来ない奴だった。
当時働いていた会社の駐車場の周りにも野良ちゃんが2匹いた。
飼ってあげれないけど、せめてご飯くらいと思って始めた餌やり。
(今、考えれば無責任。)
会社が休みの日でも欠かさず餌を置きに行っていた。

その日も休日だった。
福岡に行く母を東京駅まで送って行った帰りだった。
いつもの様に野良ちゃんの缶詰とカリカリを置いて
缶を捨てようと籠の中に目をやった。
母猫とはぐれ、お腹を空かせたチュー太郎は籠の中で
死んだように眠っていた。

直ぐに抱き上げご飯の前に置く。。。
チュー太郎は必死に食べていた。
その隙に、にゃろめはビュ~っと立ち去った。


日も暮れ始めた夕方。。。
10月の終わりともなれば、かなり外は寒く感じられる。
にゃろめは超寒がり・・・
置き去りにしてきた仔猫の事が頭から離れなくなった。
後先考えず・・・直ぐに行動するのがにゃろめの悪いとこ。
気付けばチュー太郎を迎えに行っていた。。。


居なきゃいい・・・正直なにゃろめの気持ちだった。
だがチュー太郎は直ぐ近くにある自動販売機の下に
ポツンと一人寒そうに座っていた。。。
その光景はにゃろめの脳裏に今でもハッキリ焼きついている。
それがチュー太郎との出会いだった。


当時、にゃろめの家には外犬3匹。
室内犬2匹がいた。
勿論、外犬3匹はにゃろめが拾ってきた犬。

どう考えてもこれ以上は無理。
つか、猫は飼う気が全くなかった。
仔猫だし・・・里親も直ぐに見つかるだろう、そんな風に思っていた。


が・・・・

チュー太郎はとても可愛かったハート
犬以上に甘ったれな可愛い猫だった。
一週間経ち・・・二週間経ち・・・・
里親探しなんて全くしなかった。

結局、にゃろめ家の一員として正式に命名。
名前の由来はドブねずみの様な猫だからチュー太郎だ。


※ かなりの枚数の画像をUPします。
見たくない方はリタイヤして下さいね。。。


吉田と


拾って数日後・・・


吉田と


掃除機をかけるといつも吉田くん(♀)に寄り添ってました。


ラムと一緒


ラムのお尻を抱えて寝てます。
(分かり辛いのでラムに輪郭つけました)


ラムと一緒


一人でいれない寂しがり屋。


にゃろめと一緒


にゃろめの肩も大好き、隙あらば乗ってました。
リードを付けて肩乗り猫で犬の散歩も付き合ってました。


テレビを見る


熊に釘付け。。。


初代セコム


こうして、にゃろめが帰って来るのも見てました。


omocya


獲物を銜えて・・・


pyonn


何処でも自由奔放。。。


犬と・・


夏・・・外犬も涼しい玄関の中。。。


ねずみ


大好きなネズミを前に・・・



いきなり数年経過。

枕の上で


トイレに行った隙に枕取られる・・・


きなこ初対面


初めて会う猫にも全く威嚇はしません。


20070727033732.jpg


唯一の天敵クイックルワイパーにメンチ・・・


P1020026-350.jpg


とても面倒見のいい猫でした。。。


P1020009-350.jpg


いくつになっても、にゃろめにベッタリ。。。


F1010016-350.jpg


とっつぁん猫。。。


F1010018-350.jpg


退かさない限り動きません。


D1050017-350.jpg


時には良き母となり。。。


チュー太郎は誰からも愛される魅力ある猫でした。
絶対犬派の私を簡単に猫派に変える力を持った猫でした。

もし、あの日チュー太郎との出会いがなければ・・・
私は今でも犬派だったに違いない。
そう考えると、今更ながら凄い猫だったと思い知らされます。

今居る、きなこにリンにくぅ太に夢ちゃん。
彼等との出会いもチュー太郎抜きではあり得なかった。


去年の今頃・・・チュー太郎は苦しんでました。
苦しんでいた五時間ちょっとの時間。
その時間を思い出すのは、未だに辛くて言葉に出来ません。
出来る事なら忘れたい、消えて去って欲しい記憶。


突然死んじゃうなんて想像もしてなかった・・・
現実を受け入れるまでかなり時間が掛かりました。
一ヶ月以上、写真を見ることすら出来なかった。
かなりの数の動物と関わってきた私ですが・・・
あんなに、こてんぱんにやられたのは初めてだったと思います。

もう動物を飼うのはやめよう!
そうも思いました。

でもね・・・
哀しい分、チュー太郎が幸せを与えてくれてたんですよね。
今でも毎日、チュー太郎と話しをします。

元気?もう苦しくない?そっちは楽しい?
チュー太郎、ありがとね。
いつかまた絶対会おうね!!!

そして安らかに眠ってね。。。





アップロードファイル二つのランキングに参加してますアップロードファイル

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ  

一日二押し・・・ポチッと宜しくお願いしますラブ


ページ最上部へ

スポンサーサイト

| 猫達 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑