≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昔の隣人



まただ…。

また椅子に座ったまま寝ちまった汗

このまま習慣になってしまいそうで怖い。

そのうち、おやすみ~っと言って椅子に座るようになるかもしらん。。。


急がねば、また夜が明けてしまう太陽


といっても、フルで働いた日の写真はこれっきゃない・・・・。


器用な座り方


これじゃ判りづらいので。。。↓こちら。


前へ倣え


両手・両足共に前へ投げ出してる、これ珍しくないですかね?




そーいえば、ず~っとその昔、にゃろめが住んでた隣の家の住人さん。

にゃろめが言うのも変だけど、とっても変わっていた。

奥さんは一切、外に出ない引き篭もりのような方。

当時、何歳くらいだったのだろうか?

小学校低学年の男の子が二人いた。

ゴミを出すのも、回覧板を持ってくるのも奥さんではなく子供だった。

それだけじゃない、月単位で回ってくるゴミ収集置き場の掃除当番。

それまでも小学生の男の子が二人でやっていた。

本当に庭先にも出てこない奥さんで・・・

たまに顔を見合わせても挨拶もろくにしない人だった。



でも・・・時々、子供を叱る声が聞こえてくる。

それが半端じゃない。

にゃろめが言う半端ないだから、相当だと思ってくれてよい。

あまりの凄さに家事をしてる手が止まるホドだった。

もうさ?極道のアネサンみたいな感じよ、マジで。

子供を叱るのに「てめ~!この野郎~!」の世界。。。

子供の泣き声も半端ない。

殺されそうない勢いで泣いていた。

本当に、たまに心配になって息を殺して耳を澄ましてた時があった。

でさ?親ってどっちかが怒ってたら、

カタッポは止めたり、慰めたりするのが普通でしょ?

それもないのサ汗

夫婦、二人居れば二人揃って子供を唸り飛ばしてた。



そんな一家がある日・・・・ゴールデンレトリーバーを飼いだした。

名前は確か・・・「ケン」だったかな?

仔犬の悪戯って半端ないよね。

しかも大型犬は凄まじい破壊力を持っている。

あの凄さは身近で見たことない人には想像つかないと思う。

しつけはとても大事だ。


が!


そのお宅、やはり人間の子供を叱るように犬も叱ってた。

当時のにゃろめは全くの犬派だったから・・・・

ケンが可哀想で可哀想で仕方なかった。

きっとボコボコに叩かれてたハズ



ある程度、大きくなった頃だった。

夜の九時とか十時だったかな?

旦那さんの怒鳴る声が再び・・・・。

最初は子供に言ってるのだろうと思って聞いていた。

だって聞こえた言葉がきおつけぇ~!だったから汗


でも、子供を怒るのにきおつけ???

とか思って家政婦(にゃろめ)は 見た 聞いていた。

そしたら何とさ?ケンに言ってるんだわサ。

さすがのにゃろめも目が点になったさ。

きおつけって、どーゆうことよ?みたな(;¬_¬)たらぁぁぁん…

そのうち、前へ倣え!とかも言っていた絵文字名を入力してください

今、考えても号令をかけられてるケンの姿が想像出来ない汗



で、話しはまだまだ続く。。。


ケンもそろそろ一才を迎えるか迎えないかの頃だったと思う。

ある日の夕方、また子供が号泣してた。

最初は、またか・・・・可哀想にと思って聞いていたのだが

一向に泣き止む気配もないどこか誰か助けて~!とか言っている。


そんな声を聞けばさ?もうドキドキしてきちゃうよ。

隣に一番近い窓を開けて網戸に耳をあてて聞いちゃってたもん。

誰か~!誰か~!とかずっと言ってる。

一人でオロオロ、どうしよう、どうしようって部屋中ウロウロしてた。


で!


もう、これは・・・・と思ったにゃろめ。

隣の奥さんか旦那さんに殺されるかも?って思ったけど

勇気を出して大声あげたさ!


どうしたの~?大丈夫~!?って。

子供の返事は助けて~!誰か助けて~!だった。

にゃろめは走って隣に駆けつけた。


そこで見たものは・・・・


ケンに馬乗りされてたお兄ちゃんだった。

ケンは恐らく遊んでたつもりだったのだろうが・・・とにかくデカい。

小学生の子供じゃ手に負えんかったのだろう。

本気ではないだろうが咬まれて腕から血を流してた。

珍しくお母さんは買物に出掛けてたらしく

子供とケンだけの留守番時にそんな事が起きたわけだ。



取りあえずケンを奥の和室に閉じ込めて

子供を家に連れてきて手当てをしてあげたのだが・・・

いやぁ~、初めて拝見したそのお宅。

半端なく荒れていました汗

奥さん、専業主婦でっせ?外出するのも滅多に見ないんでっせ?

なのに・・・足の踏み場もないくらい荒れ果てた部屋でした。

最近、流行の片付けられない人・・・・みたいな。



その後、暫くして奥さん帰ってきたみたいで子供は帰ったんですが

やっぱりお礼の挨拶にも来なかった。

来たのは旦那さんでした。

結構、キレイな奥さんだったんだけどねぇ~?

現在、その子供とケンはどんな風に成長してるのだろう?

時々思い出す、ちょっと変わった隣人の話しでした。



て、こんな話しをするつもり全くなかったのにげ!

きなこと夢の画像も数枚編集してあるのに汗

想定外の話しに夢中になってる間に夜も明けちゃったよアレ~


テーマだって、しっかり「我が家の猫」を選択してあったのに・・・
これってテーマは何だろ?



PS 重要な付けたしです。

勿論、その隣人のご夫妻が帰宅後・・・・
ケンはこてんぱんにやっつけられてました絵文字名を入力してください
言うまでもない?




アップロードファイル二つのランキングに参加していますアップロードファイル


    


一日ふたポチハート♪ポチっと応援よろしくお願いしますアップロードファイル




↓PSの付けたしなんかより更に重大な結末が…↓
ケン涙の最終章を見たい方はこちらへ

≫ 暇つぶしに続きを見てあげよう。

スポンサーサイト

| 昔話 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。